忍者ブログ
http://who7s.blog.shinobi.jp/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スパムコメントが付き出したため、コメント不可に変更いたしました。
PR

System.Data.SQLiteを用いたDBプログラミング。
DBから値を取得するには、DataReaderとDataAdapterを用いた方法があるが、DataReaderを使った取得方法の自分メモ。

	Dim SQLString As String
	Dim MyConnectionString As String = "data source={0}"
	Dim MySQLiteConnection As New SQLiteConnection

	MyConnectionString = String.Format(MyConnectionString, _
	System.IO.Path.Combine(My.Application.Info.DirectoryPath, "Hoge.db"))

	Try
		MySQLiteConnection.ConnectionString = MyConnectionString
		MySQLiteConnection.Open()
		Debug.Print("DB Open")

		SQLString = "SELECT * FROM EMP"
		Dim MySQLiteCommand As New SQLiteCommand(SQLString, MySQLiteConnection)

		Debug.Print(SQLString)
		Dim MySQLiteDataReader As SQLiteDataReader
		MySQLiteDataReader = MySQLiteCommand.ExecuteReader()

		Dim i As Integer = 0
		Do While MySQLiteDataReader.Read
			Me.BoardDataGridView.Rows.Add()
			Me.BoardDataGridView.Rows(i).Cells(0).Value = MySQLiteDataReader.GetValue(0)
			Me.BoardDataGridView.Rows(i).Cells(1).Value = MySQLiteDataReader.GetValue(1)
			i = i + 1
		Loop
	Catch ex As Exception
		MessageBox.Show(ex.Message, "DB Error", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Error)
	Finally
		MySQLiteConnection.Close()
		Debug.Print("DB Close")
	End Try

実際には、参考URLにあるように、Usingを用いたものの方が望ましいようだ。
Usingステートメントで簡単、確実にファイルをクローズ - @IT
VisualStudioにて、DBファイルを追加するには、次URLにあるように、データソースを追加した後、プロジェクトに既存項目追加で設定する。
[C#][SQLite]System.Data.SQLiteを試してみた
VSのデータソースからDataGrid追加を用いれば、上ソースのように、自分でDataGridに行を設定する必要がなく楽である。
(どちらの方が、パフォーマンス優位かは不明)

参考:
SQLiteを使ったWindowsアプリを作成する
VB.Netでソート2 - FloralCompany.log

システム開発の入門者から中級者にステップアップするための10のティップス - builder by ZDNet Japan
新人プログラマーがプロのプログラマーとして独り立ちするための7つの条件 - ハックルベリーに会いに行く

35年定年説はどうかと思うが、ずっとプログラマーではいられないと私は思っている。
残念ながら私には天才的なコードを書くセンスもなければ、仕事としてプログラミングを続けていく気概が端から無い。
ならば、ステップアップして上流工程に関わっていくしかない。
なにより、上に行きたいという向上心は大切だろう。
仮にPGであり続けるとしても、早くの段階から上を意識しているのとそうでないのでは、伸びしろが明らかに異なる。

エンジニアがタイトル買い、著者買いすべき本 - {Fight the Future => じゅくのblog}

Java Review:JavaVMのメモリ管理をマスターする (1/2) - ITmedia エンタープライズ

オブジェクト指向が浸透して随分経つ。
オブジェクト指向において、ガベージコレクションは切っても切れない概念であり、メモリを有効に使うには、その仕組みを知ることも大切である。
普段プログラミングをしていて、特に意識するものではないが、だからこそ、見落としてしまう点も多い。
教養の一つとしてクリップしておく。

直交変換として有名なフーリエ変換は、変換核として三角関数を用いる。
一方、ウォルシュ・アダマール変換(Walsh Hadamard Transform: 以下WHT)は、矩形関数を変換核として用いる。
アルゴリズムを最後に述べるが、矩形関数を用いるため、定数倍を除いてWHTは加減算のみとなり、実際はフーリエ変換等より高速に処理を行うことができる。
そのため、一時期は熱心に研究された。
しかし、昨今のハードウェアの進歩により、今日ではそれほど魅力的ではなくなっている。

それでも、幾らかは利用価値はあるし、知識の一つとしても損は無いと思える。
また、WHTはインターネット上で調べても、あまり資料が発見できない。
よって、少しでも必要とするものの助けになれば幸いである。

次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
サブカテゴリー

[プログラミング]

アルゴリズム
C
Java
VisualBasic
PHP
HTML/CSS

最新コメント
プロフィール
HN:
Juan
性別:
男性
自己紹介:
社会人1年目。
システムエンジニア見習いとなるべく勉強中。
カスタマイズに特化したブラウザ Sleipnir。上級者のために。
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
カウンター
バーコード
BlogParts

Copyight© who7s All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]